今日も唖然として過ぎていく日常


スポンサーサイト
--/-- (--) --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは酷い
06/09 (Mon) 17:41|未分類
あんまり最新をサボっていたので 酷いときはカウンターが 一日一桁とかしか回りませんでした

これは酷いヽ(^ρ^)/

でも下手したらこれから先 更に忙しくなるので今まで以上に放置が多いかもです・・・アウアウ
夏休み明けたら 体育祭と文化祭 更にはじゅけ・・・プギャァァアァアァア(現実を直視できない

今月の末には期末テストォォウ(何)もあるので 放置はもうしかたないかなぁと・・・涙目


どうでもいいリアル事情の話しはおいといて(ぇ
写真日記でもいってましたが チァキは修学旅行で九州にいってまいりました!

ライドウで噂の(?)アイスクリンも食べてきました!(チリンチリンアイス)メガネ橋の前でw
イメージ
100円でした ウマウマ!女子は薔薇みたいにしてくれて 男子は量が多め
というナイスなサービスを売ってるおばちゃんがしてくれましたw(絵がダメダメすぐる

そしてちょっとした幽霊騒ぎ?もあったり・・・

よくある話しだけど期待しないでゆっくり読んでいってね!(ぇぇ

一日目の宿所でのことなのですが

夕方にその宿所に着いて、私達が泊まったのは 八人部屋の和室で窓が大きく 
カーテンを開けると正面に海が見えて、風景のいい部屋でした。
夕食を済ませた後、お風呂にはいって
就寝時間まで部屋でテレビをみていたときです。

窓をコンコンっとちょっと強くノックする音が聞こえました。

テレビを見ていた私たちは 窓の方に視線をむけて 一番窓の近くにいた女子が恐る恐るカーテンを開けると 窓の外の左端から手が伸びてきていて もう一度窓をノックし、自分(窓をノックした本人)の方を指差して 左端にスッっと隠れてしまいました。

一瞬 みんなが呆然と驚いていたあと 一声に悲鳴を上げました。

急いで窓を開けて 誰が窓をノックしたのか知るため怖々窓の外を見ても
ベランダが無いためよくみえる宿所のちょっとした庭と 月明かりも街の明かりも無くて(生憎の曇りで、宿所は山の少し高い見晴らしのいい所にありました) 黒い海しかみえませんでした。

その私達が泊まっていた部屋は 4階の、しかも真ん中の方の部屋です。
下の階には 一般のお客さんしか泊まって居ないはずなので、わざわざ私達の部屋に上がってきていたずらをするような人間はいないはず。

ベランダを伝ってきたなんていう可能性は上で言ったように そもそもベランダがないのでむりです。


いったい誰が私たちのいる部屋にきたんでしょう??


Read More..?.
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。